新着情報・スタッフブログ

Home > 着け心地と硬さにこだわった究極の結婚指輪「パイロット ブライダル」

着け心地と硬さにこだわった究極の結婚指輪「パイロット ブライダル」

2021.11.02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

世界中から愛されてきたパイロットの万年筆。

 

その技を受け継ぎ、誕生したのがパイロットのジュエリーブランドです。

 

数あるジュエリーブランドのなかでも、最高峰ブランドがパイロットブライダル。

 

本日は、そんなふたりの幸せな未来を紡ぐブランドの特徴を3つご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

1.素材

 

 

 

万年筆でつちかった貴金属特殊合金の製造技術をもとに、他社には類をみない純プラチナ(Pt999)のUHP(ウルトラ・ハード・プラチナ)とFHP(フレキシブル・ハード・プラチナ)を自社工場で製造しています。

 

製造したUHPやFHPは、かならず造幣局の品位試験(純度の割合を調査)を行い、合格した素材のみを使っています。

 

パイロットブライダルには、日常生活では変形しにくい強度と耐久性を備え、公的機関が品質を認めたUHPが使われています。

 

 

 

 

2.鍛造(たんぞう)製法

 

 

鍛造(たんぞう)とは、金属の密度を高めて硬度をあげる製法。

 

古くからの伝統製法であり、熱くした地金を叩いて刃を鍛え上げる刀鍛冶の仕事でご存知かもしれません。

 

パイロットの鍛造は、プレス機で行います。プラチナのインゴット(のべ棒)をプレス機で圧力をかけてのばすことで硬度を高めています。

 

職人がつきっきりで何十回もの作業を繰り返し、より硬く強いプラチナに仕上げます。

 

型に流し込む鋳造(ちゅうぞう)製法のリングと比べると約3倍の強さがあります。

 

 

 

 

 

 

 

3.シームレスリング

 

継ぎ目なく縁起がいいとマリッジに好まれるシームレスリング。

 

パイロットでは、業界でいち早くシームレスリングを手掛けてきました。

 

規定の厚みまで薄くのばしたプラチナ板からドーナツ型に抜きだした生地を曲げ起こしリングの原型へと仕上げます。

 

切れ目がない仕様はマリッジリングにふさわしいことはもちろん、曲げ起こしにより硬度と強度が増すという効果もあります。

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

パイロットブライダルの結婚指輪は、あらゆるブライダルリングブランドの中でも最高品質のブライダルリングブランドです。

 

 

指を通した瞬間感じられるなめらかな着け心地は、ずっとつけていくものにふさわしい柔らかな感覚になっております。

 

 

パイロットブライダルの結婚指輪は、ヒライアートギャラリーではフルラインナップでご覧いただけます。

 

 

是非店頭でその付け心地の良さを体感ください。

 

 

 

▼パイロットブライダルの商品ページはこちらからご覧ください。

 

Category

Monthly archive